荘太郎クリニック

横浜市青葉区の循環器科・呼吸器科・内科

〒225-0012 神奈川県横浜市青葉区あざみ野南2-1-21
ベオラプレイス2F
TEL 045-914-7177
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
トップページ»  医師の紹介

医師の紹介

略歴

昭和56年 北里大学医学部卒業 医師免許取得
北里大学病院 循環器内科入局
北里大学病院、永寿総合病院(台東区)、北里大学救命救急センター、
朝日診療所(福島県南会津郡只見町)等で研修
昭和61年 北里大学医学部内科学循環器科
研究員(~昭和63年3月)
昭和63年 多摩丘陵病院(町田市)勤務:内科部長(~平成12年)
平成3年より 北里大学医学部 非常勤講師
平成12年 湘南東部総合病院(茅ヶ崎市)勤務
平成14年3月 荘太郎クリニック開院

 

所属学会・認定医など

日本内科学会認定内科医
日本循環器学会循環器専門医
医学博士
身体障害者福祉法指定医(心臓機能障害身体障害者手帳交付時診断医)

 

ご挨拶

林 荘太郎

 荘太郎クリニック院長の林荘太郎と申します。今年の3月で、開院してから17年目を迎えました。これからも解り易い医療と癒しをモットーに、地域の方々の健康管理をサポートしていきたいと考えております。この6月には、ホルター心電図診断の質を高めるため、精度の高い解析器を導入いたします。なお、今までご案内していた駐車場が、今年4月より使用できなくなりました。駐車場の場所が決まらず、二転三転してご迷惑をお掛けしております。現在、当院ビル地下(BF2:C・E)およびコインパーキングをご利用いただいております。近隣の駐車場に関しては、今後も増やしていく予定でおります。しばらくは大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。(平成30年6月)

[趣味]
 ・音   楽 聞く:ロック、ビートルズ、相川七瀬
        演奏:キーボード(オールディーズ、ロック)、ウクレレ
        歌う:カラオケ(サザン、グレイ、相川七瀬、60-70年代ロック)
        踊る:ロック、ツイスト・ジルバ、70年代ディスコ
 ・映   画 主に洋画。ジャンルを問わず。戦争を背景にしたドラマは、特に好きです。
 ・愛読書 コミック「風雲児たち」 アドラー「嫌われる勇気」


 私の好きな、「クウェンティン・タランティーノ(以後QT)監督の映画」ベスト5・(平成30年3月)
映画オタクで映画界の奇才、脚本・制作・俳優をこなすクウェンティン・タランティーノ監督の映画。チョット荒唐無稽なストーリーで下品で少しグロ。しかし、キャラクター設定がしっかりしているため、ワンシーンごとの緊張感が高く、引き込まれていく。人が心の奥で見たいと思うことを映像で見せてくれる。なお、毎回彼がリスペクトする映画音楽が劇中に使用される。20世紀の後半を生きてきた人には、たまらないかも?
1.ジャンゴ繋がれざる者(原題:Django Unchained)
 基本、ラブストーリー×西部劇。そこに、アメリカ建国の恥部である黒人奴隷制度をかなりリアルに描く。白人至上主義者たちの理不尽な主張があちらこちらに。最後は、主人公が愛する女性を救い出しほっとするが、その後を考えると素直に喜べない。QTのひねりの効いたエンディング。
2.イングロリアス・バスターズ(原題:Inglourious Basterds)
 歴史改変ものというジャンルに属すると思われる。ナチスの底知れぬ怖さを散りばめながら、ストーリーの緊張感を高めエンディングへ。迫害されたユダヤ人を演じたメラニー・ロラン、ドイツ二重スパイを演じたダイアン・クリューガーが強烈に心に残ります。QTは女性の撮り方が上手。
3.ジャッキー・ブラウン(原題:Jackie Brown)
 QTが10代の頃、憧れていたパム・グリアをヒロインに。QT流のおとなのラブストーリー×クライムサスペンス。社会的にはみ出したキャラクターがいっぱい。しかし、それもアメリカという国の多様性か?
4.キル・ビル vol 1&2(原題:Kill Bill vor 1&2)
 お腹の子供を守る為に幸せをつかもうとした女殺し屋の壮絶な復讐劇。vor.1:刀ややくざなど日本の文化をQT流に詰め込み、エンディングは演歌。vor.2:カンフーなど中国の文化を織り込み、殺し屋ボス、ビルとの最後の戦いへ盛り上げる。それにしてもQTは、日本がお好きのようです。
5.デス・プルーフ(原題:Death Proof)
 スタントマン崩れの変態野郎に眼をつけられた2つの少女グループの運命は?登場するキャラクターを1人1人丁寧に描きながら、最後のクライ
マックスへ。劇中、ガールズトーク炸裂。前半のラップダンスと後半ゾーイ・ベルの車上スタントは必見。B級作品ですが、見どころ満載。
 私のベスト5には外れましたが、パルプ・フィクションは、特に有名です。一時輝きを失ったジョン・トラボルタを復活させた映画です。