荘太郎クリニック

横浜市青葉区の循環器科・呼吸器科・内科

〒225-0012 神奈川県横浜市青葉区あざみ野南2-1-21
ベオラプレイス2F
TEL 045-914-7177
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
トップページ»  医師の紹介

医師の紹介

略歴

昭和56年 北里大学医学部卒業 医師免許取得
北里大学病院 循環器内科入局
北里大学病院、永寿総合病院(台東区)、北里大学救命救急センター、
朝日診療所(福島県南会津郡只見町)等で研修
昭和61年 北里大学医学部内科学循環器科
研究員(~昭和63年3月)
昭和63年 多摩丘陵病院(町田市)勤務:内科部長(~平成12年)
平成3年より 北里大学医学部 非常勤講師
平成12年 湘南東部総合病院(茅ヶ崎市)勤務
平成14年3月 荘太郎クリニック開院

 

所属学会・認定医など

日本内科学会認定内科医
日本循環器学会循環器専門医
医学博士
身体障害者福祉法指定医(心臓機能障害身体障害者手帳交付時診断医)

 

ご挨拶

林 荘太郎

 荘太郎クリニック院長の林荘太郎と申します。今年は年明け早々から、新型コロナ騒動で、それに付随する情報収集と厚生労働省・横浜保健衛生局等からの指示や情報伝達の整理・対応に追われ、気づいたら9月に入っていました。家の中に籠る患者さんも多く、ご高齢の方では、筋力・体力・気力が衰えフレイル(寝たきりりに向かっている)状態の方、心臓基礎疾患のある方では特に、食べ過ぎより肥満だけではなく、塩分過多から心不全傾向となっている方、更には、人との会話が減りメンタルを病む方 など、日々の診療で遭遇することが多くなっています。
 定期的な運動、ストレスのコントロール(普段の会話や笑うこと)そして基礎疾患に対しての当たり前の管理が大切と考えます。
 最後に、新型コロナの予防で重要なポイントは、2つ。①大量・高濃度にウィルス・飛沫を吸い込まない(マスクを外した時注意) ②手を顔の粘膜(目、鼻、口)にもっていかない。顔に触れるときには、その前に手洗いを。
                                                       (令和2年9月)

[趣味]
 ・音   楽 聞く:ロック、ビートルズ、相川七瀬、ジューシーフルーツ
        演奏:キーボード(オールディーズ、ロック)、ウクレレ
        歌う:カラオケ(サザン、相川七瀬、60-70-80年代洋楽ロック・ディスコ)
        踊る:ロック、ツイスト・ジルバ、70年代ディスコ
 ・映   画 主に洋画。ジャンルを問わず。戦争を背景にしたドラマは、特に好きです。
 ・愛読書 コミック『風雲児たち』 、中野信子著『脳科学から見た「祈り」』
       今年は、樺沢紫苑さんの『アウトプット大全』と出会いました。充実した生き方の総まとめに役立ちます。

私の好きな「ショーン・コネリー主演の映画」ベスト5 : 007以外の作品 (令和2年9月)
 ボンド映画を降りた後、多種多様な作品に出演。今や名優とよばれるショーン・コネリー。確かな演技と重厚な存在感は、他を寄せ付けません。歴代ボンドの中で一番キスが上手。「アンタッチャブル」でアカデミー賞、1999年英王室よりナイトの称号を授与されています。2006年俳優引退。
1.ザ・ロック(原題:The Rock 1996)
 世界の裏側を数多く知ってしまったために危険人物とされ、生涯幽閉の身となった元イギリス情報部員が、アルカトラズに立てこもった軍人テロリストに立ち向かう。テロの首謀者ハメル准将役のエド・ハリスの存在感が、S・コネリーと共にこの作品を引き立たせている。
2.エントラップメント(原題:Entrapment 1999)
 69歳のS・コネリー、美術専門の泥棒に扮し、保険調査員役のキャサリン・ゼダ=ジョーンズと駆け引き。最後に二人で大仕事。ハラハラドキドキ。この年でK・ゼダ=ジョーンズ相手にラブシーンを演じ、いやらしさを感じさせないダンディーなところがすごい。
3.レッド・オクトバーを追え!(原題:The Hunt For Red October 1990)
 トム・クランシー原作ジャック・ライアンシリーズ。冷戦時代、ソ連原潜と共に亡命する艦長役。艦長として艦内クルーを統率する存在感が並ではない。J・ライアン役のアレック・ボールドウィンが、S・コネリーとあまりの格の違いから出演を嫌がったという話が残っています。
4.小説家を見つけたら(原題:Finding Forrester 2000)
 年老いて世間と隔絶した生活を送る小説家が、才能ある黒人少年を指導することで少年を成長させ、自分は生きる気力を取り戻す。上記のアクションやミステリーとは異なりますが、温かいS・コネリーに会えます。エンディングは、S・コネリーの実生活とダブります。
5.マーニー(原題:Marnie 1964)
 ヒッチコックが、お気に入りのブロンド美人ティッピ・ヘドレンの相手役として、当時『007/ロシアより愛をこめて』に主演し勢いに乗ったS・コネリーを起用。過去にトラウマを受けた盗癖のある女性をやさしくフォロー。嵐でおびえるヒロインへのキスは、私が見た映画の中で最高。
 その他、ルパンのような活躍の「大列車強盗」、何しろ素敵すぎるアーサー王を演じた『トゥルー・ナイト」、中世修道院を舞台にしたミステリー『薔薇の名前』などなど、S・コネリーならではの作品が目白押し。